婚活 男性 年収

婚活している男性必見!年収でモテ度が変わる!

自分の年間の収入によってモテ度が左右されるということを肝に銘じながら婚活に臨んだ方が良い

自分の年間の収入によってモテ度が左右されるということを肝に銘じながら婚活に臨んだ方が良い

 

結婚を考えない恋愛をする場合には、相手のスペックに関係なく恋心を抱くことが数多くありますが、婚活の場ではどうしても互いの年収や外見や年齢などが気にかかってしまうものです。

 

性格が合うことはもちろんのこと、少しでも条件の良い人と結婚をしたいと思うのは人間の性だと言って良いでしょう。

 

決して悪いことではありませんし、当たり前のことだと思っていた方が良いでしょう。

 

 

中でも男性は年収によってモテ度が変化してしまいます。

 

「給与なんて関係ない、愛情さえあればなんとかなる」と声高に言っている女性も、実際は年収の高い相手と結婚したいと思っています。

 

男性の方が比較的ロマンチックで、優しい性格の若くて美しい女性と恋愛から始めてみたいと思っていることが多いのですが、女性は違います。

 

現実的な思考の人が多いため、実際の結婚生活のことを考えると、愛情だけでは生きていけないということが分かっているのです。

 

年間の給与によって自分の生活も左右されてしまうため、必死になって甲斐性のある相手を探しているのです。

 

 

日本という国は、家事や子育てや介護を女性が行って当たり前だという風潮ですので、どうしても夫となる人の給与は、結婚をするにあたって考慮すべき必須事項なのです。

 

女性にも正社員として働いて欲しいと思っている人の大半は、「出来れば家事も子育てもして欲しい」と思っています。

 

しかし、女性一人でそれだけの重労働を行うことは出来ませんし、子どもを産む際にはどうしても仕事を休まざるを得なくなりますので、パートナーの甲斐性がある方が楽に暮らすことが出来るという考えに至るのです。

 

ですので、婚活パーティーなどで会話をする際には、外見や身長などよりも自然と年間の収入に目がいってしまうのです。

 

これは、将来のことを見据えて考えることが出来る、女性ならではの視線だと言えるでしょう。

 

ですので、自分の年間の収入によってモテ度が左右されるということを肝に銘じながら婚活に臨んだ方が良いでしょう。

 

 

稀に、他に良いところがあれば関係ないと言ってくれる女性がいますが、その場合は将来を見据えることが出来ない女性である確率が高いので、結婚後は苦労することになるかもしれません。

 

もちろん、家事や子育てや介護に協力的で、お手伝いという立場ではなく本格的に参加してくれる人もいますので、全員が以上のような考えを持っているわけではありません。

 

どうしてもモテたいのであれば、自分の外見や趣味や会話力などにこだわるよりも、今よりももっと実入りの良いところに転職する方に力を注いだ方が良いでしょう。

 

世間では医師や国家公務員といった安定した職業の人が好まれます。

 

自ら動かなくても多くの女性が寄ってくるのです。しかも、気が利く訳でもなく外見も素敵とは言い難いにも関わらずモテる場合も数多くあるのです。

 

そこからわかるように、男性の魅力と年間の収入は比例すると言っても過言ではないでしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ