婚活パーティー 話す 内容

婚活パーティーで話す好ましい内容とは?大事なポイントを5つ紹介

婚活パーティーで話すのに最適な5つの内容

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活パーティーで悩むことの1つに「相手と何を話していいのかわからない・・・」という話す内容で困る男女は非常に多いです。

 

確かにルックスや条件も大事ではありますが、ネット婚活などとは違い実際に会うのが特徴である婚活パーティーではその人の雰囲気や会話、表情などでカップル率は大きく左右されます。

 

では、実際に婚活パーティーで異性と話す内容とはどういったものが好ましいのでしょうか?

 

相手の雰囲気にコメント

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活パーティーでもっとも無難な話題が相手の雰囲気にコメントするというものです。

 

予備知識などがないので誰でもきっかけをつかみやすくスムーズに会話を始められます。「優しそうですね」とか、「頭が良さそう」といった相手を褒めるコメントが無難です。

 

「こんな仕事してそう」といったあまり具体的なことを言うと相手を不快にさせてしまう危険があるので、漠然としているコメントの方が婚活には向いています。

 

目に写るものを話題にする

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活で話題の内容に困ったら、目に写るものを話題にすることもできます。例えば相手のしている時計やネクタイなどについて質問しても良いでしょう。

 

さらにはお店の雰囲気や料理、アンティークなどについて話すこともできます。もし相手に何かの知識がありそうだと感じたら、それについて質問すれば会話が弾むことでしょう。

 

一方で自分の知識をひけらかすような話は敬遠されるので注意が必要です。

 

子供の頃の話

婚活パーティー 話す 内容

 

もし会話が続きそうであれば、自分や相手がどんな子供だったかといった内容の昔話をするとより相手を知るチャンスが得られます。

 

子どもの頃どんな遊びをしたか、どんな失敗をしたかなどについて話せば、相手の人となりをある程度知ることができるかもしれません。

 

ただしあまり壮絶な過去や悲惨な過去について話してしまうと相手が引いてしまうので、笑える範囲の話にしておくと良いでしょう。自分の話ばかりではなく相手の話もよく聞きましょう。

 

趣味やマイブーム

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活でアピールチャンスとなるのが趣味やマイブームについて話す時です。

 

女性で料理や手芸が趣味であれば家庭的な人であることをアピールできますし、男性でスポーツや大工仕事が得意であれば頼りがいのある人という印象を与えることが可能です。

 

特に交際してから、結婚してから二人で続けていける趣味の場合はポイントアップです。相手の趣味やブームに興味があまりなくても、ぜひ親身になって聞いてあげるようにしましょう。

 

休日の過ごし方

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活は結婚を目標にしているものなので、夫婦になってからのことも考えなければなりません。休日の過ごし方は大切な話題です。

 

というのは夫がアウトドア派で妻がインドア派の場合、休日を一緒に過ごすのが難しくなってしまうかもしれません。

 

共通の趣味があれば休日をより楽しく過ごせるでしょう。休日の過ごし方が自分とあまりに違うのであれば、その人と結婚した後にどうするかを考える必要があるでしょう。

 

婚活パーティーの会話で大事なポイント5選

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活パーティーの会話では話す内容そのものも大切ではありますが、それ以上に大事なポイントがあります。

 

会話をつくることより“つなぐこと”を意識する

 

婚活パーティーでは会話を一から作るというのはなかなか大変です。むしろ会話をつなぐことを意識した方が楽に会話を進めることができます。

 

相手の言ったことに対して質問をしたり、もっと掘り下げて聞きたいという意思表示をすることで会話を続けやすくなります。さらにできるだけ相手の話を聞くことで、好印象を持ってもらうこともできます。

 

会話を“つなぐ”意識を持っているだけで婚活の成功率はぐっと上がるのです。

 

リアクション(動作や表情など)の方が大事

 

どんな内容の会話をするかも大切ですが、どんなリアクションをするかもとても大切です。

 

というのは、婚活では相手がどのくらい自分の話を聞いてくれるかがすべてだからです。自分の話に興味を持ってくれない人と交際したいと思う人はいません。

 

ですから顔の表情や身振りなど、相手の話を真剣に聞いているということがしっかり伝わるように行いましょう。少しオーバーくらいの方が相手はうれしいものです。

 

話を盛り上げなきゃ!という意識を捨てる

 

婚活パーティーなどで一対一で話そうという時、盛り上げなければいけないという強迫観念に襲われるかもしれません。

 

しかし婚活では無理をして会話を盛り上げようとしてもうまくいきません。疲れてしまって、婚活へのやる気を失ってしまうことさえあります。

 

むしろ自然体の自分で、相手の話をしっかりと受け止める方が好印象を持たれやすくなります。会話のポイントは相手の話を聞いて会話のキャッチボールを続けることなのです。

 

知りたいと思うことは自分から話す

 

会話を続けていく中でどうしても知っておきたいことが出てくるかもしれません。例えば子どもは欲しいと思っているのか、親と同居したいと思っているかといったことは自分から話すことが重要です。

 

自分の考えを話したうえで相手に意見を求める方がソフトに話し合いを進めることができます。

 

どうしても知りたいことを知らないままに交際を進めてもうまくいかないので、上手に会話を進めつつ必要な情報を手に入れるようにしましょう。

 

沈黙を怖がらない

 

婚活に苦手意識を感じる人の多くが、沈黙が訪れるのが嫌だと感じています。確かに婚活パーティーで相手との会話が途絶えてしまうのは嫌な経験です。

 

相手からつまらない相手だと感じられているのではないかと思ってげんなりしてしまうかもしれません。

 

しかし沈黙を怖がる必要はありません。いずれ夫婦になったらずっと会話し続けることは不可能で、沈黙が心地よい人でなければならないからです。

 

まとめ〜上手に話す必要はない

婚活パーティー 話す 内容

 

婚活では上手に話す必要はありません。むしろ良く相手の話を聞き、相手の話に興味を持つことが重要です。

 

新たな話題を作り出すというよりは、今の話題を広げて相手のことをもっとよく知ることに注意を向けましょう。聞き上手の人の方が婚活の成功率は高く、結婚後も幸せな家庭を築いていけます。

 

相手の話をよく聞いて、その中で理想の相手を見つけるようにしてください。

 

婚活パーティー 話す 内容


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ