婚活 同時進行

婚活で同時進行するメリット&デメリット。複数交際の疑問に全て答えます

婚活で同時進行は当然!?結婚相談所でも認められている

婚活 同時進行

 

普通の恋愛で複数の異性と交際することは確かに非難されることかもしれません。

 

しかし、婚活において交際の同時進行はむしろ当然のことです。実際に結婚相談所や婚活サイト、婚活パーティーなど婚活を応援してくれるサービスでは交際の同時進行を認めています。

 

そもそもサービス自体が交際の同時進行を前提にしているものも多いので、その是非について深く考える必要はありません。

 

同時進行する人数はどれくらいがベスト?

婚活 同時進行

 

同時進行する人数は3名程度がベストです。同時進行するということは複数人とデートをしたり、メールでのやり取りをするわけなので、人数が多すぎると処理しきれなくなります。

 

またデートの回数が多くなることで出費がかさむという問題もあります。3名程度であればそれぞれの相手とほどよいコミュニケーションが取れるので、婚活しやすくなります。

 

同時進行する期間はどれくらい?

婚活 同時進行

 

結婚相談所の場合、3ヵ月〜6ヶ月が一般的です。婚活サイトや婚活パーティーでも結婚相談所と同様、あまり引っ張りすぎず、ほどほどのところで見切りをつけることが大切です。

 

人によっては何ヶ月もダラダラ交際を続けてしまうこともあるかもしれませんが、それ以上発展しない関係をいつまでも続ける意味はありません。

 

あくまでもお互いは婚活上の関係ということを意識し、相手に気持ちがなければどんどん次の出会いを求めていく方が成功します。

 

同時進行中の体の関係はアリ?なし?

婚活 同時進行

 

それまではお互いに顔も知らなかった男女同士でも、デートの雰囲気によっては体の関係を結んでしまう可能性があります。

 

しかし、同時進行中の体の関係は基本的にはNGです。

 

というのも、そういった「その場の流れで結んだ体の関係」は一時的なもので終わることが多いからです。体の関係があったとしてもその後の交際が上手くいかなければ意味がありませんし、それなら体は大事にしておいた方がいいでしょう。

 

また結婚相談所での婚活で体の関係ができると規約違反で成婚退会と見なされてしまいます。

 

婚活で同時進行するメリット

婚活 同時進行 メリット

同時期にさまざまなタイプの人とお付き合いすることで、自分との相性やそれぞれの方の個性が比較できる

 

どのようなことでも、比較できるのとできないのとでは選びやすさに大きな違いが出てきます。

 

婚活も同様、比較対象が多ければ多いほどより自分に合った異性を選ぶことができるはずです。

 

もし一人だけと婚活した場合、それほど相性が良くないのにも関わらず妥協して付き合い、後に失敗したりする可能性もあります。

 

時間の有効活用

 

複数の異性と同時進行した方が効率よく婚活ができるのは間違いありません。

 

なにしろ一人の異性と交際する場合、その異性との交際期間が終わるまでは次の出会いが求められないので、時間がかかりすぎます。

 

もしプライベートに少しでも余分な時間があるのであれば、その時間を新たな異性との交際に充てて有効活用した方がいいでしょう。

 

成婚まで近道になる

 

複数の異性と同時進行して交際すると、一人の異性と交際するよりもはるかに多くの経験値を得ることができます。

 

最初はどのように婚活を行えばいいのかわからなかった人でも、経験値が増えれば慣れてきて恋愛テクニックも磨かれていくものです。

 

そうなれば成婚率が高まり、結婚へのゴールインが近道になることが考えられます。

 

家でどうすれば成婚できるか考えたり、本を読むのもいいですが、やはり実践で培われる経験にはかないません。

 

長く付き合った末に振られるというリスクを避けられる

 

婚活は運が良くないかぎり、一回で成功することはありません。そのため、一人の異性と長く付き合った末に振られるという可能性も大いにあるわけです。

 

そうなった時、振られた方の精神的ショックはかなりのものでしょう。最悪の場合、そこから立ち直れずに婚活ができなくなる可能性もあります。

 

しかし、同時進行の婚活をしていればたとえ振られたとしてもショックは少ないですし、他の交際相手にすぐに切り替えることができます。

 

婚活で同時進行するデメリット

婚活 同時進行 デメリット

相手選びに迷う

 

婚活で同時進行の交際をすると、恋人候補となる相手が多くいるだけに最終的に誰を選ぶか迷うことがあります。

 

また一人を選ぶことができたとしても、その相手と本当に恋人・夫婦になれるのかまでは自信がつかないこともあるでしょう。

 

ひょっとすると誰も選ぶことができず、それまでの同時進行の交際の時間・労力・お金が全部無駄になるかもしれません。

 

一人に絞る際に断りづらい

 

同時進行の交際で最終的に一人を選ぶということは、それ以外の交際相手を全員断ることになります。

 

そのことに抵抗を感じる人は少なくないでしょう。しかし、ここは心を鬼にする必要があります。断るたびにいちいち心を悩ませていたら、いつまで経っても成婚できません。

 

罪悪感

 

同時進行の交際をすることに罪悪感を持つ人もいます。

 

確かに婚活ではなかったら倫理的に問題があるので、「悪いことをしている」という意識が芽生えても不思議ではありません。

 

どうしても罪悪感があってできない場合は一人の異性との交際に留めるのもいいでしょう。

 

絶対に同時進行をしなければならない決まりがあるわけではありません。

 

婚活で同時進行する際の注意点

婚活 同時進行 

 

婚活で同時進行する際は必ず交際期間をあらかじめ決めておくようにしましょう。

 

交際期間を決めておけば、後で相手に情が湧いたとしても、そのままズルズルと交際を続けずに済みます。

 

交際期間が過ぎた相手とは別れ、また新たな婚活相手と期間を決めて交際すれば、サイクルが早まる分、同時進行の強みをさらに生かすことができます。

 

そのため、基本的には交際期間は守る必要がありますが、もしどうしても諦めたくないという相手がいれば期間を延長してもいいでしょう。

 

ただし、高望みしないように気をつけてください。

 

まとめ〜同時進行は推奨するが早い段階で一人に絞り込むことが成婚へ近づく

婚活 同時進行 

 

これまでの情報をまとめると、交際の同時進行はデメリットもありますが、基本的にはメリットが多くて推奨できる婚活テクニックということになります。

 

また、同時進行を行う時は早い段階で一人に絞り込むといいでしょう。

 

そうすればその一人に対してじっくりとアプローチができますし、無駄な時間をかけずによりスピーディーに成婚へと近づくことができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ