婚活 3T

今の婚活男子に求められるモテるための「3T」とは?

今の婚活男子に求められるモテるための「3T」とは?

一昔前の婚活といえば、女性が求める理想の男性像の条件は「3K」と呼ばれるものでした。

 

これは高学歴、高収入、更身長の三つの頭文字をとって呼ばれていたもので、特にバブル期などの景気の良い時代はこれら三つを兼ね備えた男性達は婚活を行う女性達にとっては憧れの存在だったのです。

 

しかし時代の移り変わりと共に景気はどんどん低迷し、先行きの見通しすら付かない現在の日本では消費税増税や物価の上昇などにより金銭的・精神的余裕が少ない人たちで溢れています。

 

そんな中、現在の婚活で新しく求められている男性像とは「3T」と呼ばれる、低姿勢、低依存、低リスクの三つなのです。

 

昔と現在とで一つずつ婚活におけるモテる人のイメージを比較してみると、まず高学歴においては学歴の高さを鼻にかけていては異性の好意を得ることは出来ません。

 

これは大学出身者が倍増したことと、高学歴でも収入が伴わなければ生活していくことが出来ないからです。

 

そのため今の女性達は低姿勢で自分に優しくしてくれる居心地の良い男性を求めているといえるでしょう。

 

また、高収入においては現在の不景気な日本では大変モテる条件であると思われますが、婚活において最も重要なのは現在から将来にかけて安定した収入が見込めるということです。

 

いくら現在が高収入でも、自営業者やトレーダーなどの先行きが不透明な業界に勤めている場合は将来への不安が常に付きまとうためあまり人気がありません。それよりも公務員や大手企業に勤めている人のほうが安定した収入が見込めるため女性には大人気の職業です。

 

更に更身長においては、確かに身長が高い男性はそれだけで頼りがいがあるように見え、スタイルもよく見えるためモテる要素の一つとして考えられますが、意外と更身長な男性に対して恐怖心を持つ女性が少なくなく、自分より少し背が高いくらいでよいと考える女性が大勢います。

 

また、将来万が一介護が必要になった場合にあまり更身長だと自分が介護することが難しくなるため、特に小柄な女性は注意が必要です。

 

そして男女共に言えることは実家に依存しない低依存であることがモテる条件としてはかなりの上位にランクインするということです。

 

特に現在実家暮らしをしている人の場合、親に食事から洗濯など様々なことに依存していたり、精神的に甘えているようでは異性との結婚を考えるスタートラインには立てません。

 

しっかりと自立をしている人が婚活イベントではモテるのです。

 

婚活でうまくいく人、いかない人、それぞれいますが、その違いは一体何か。さまざまな理由が考えられます。

 

昔から言われている、モテる人の三大特徴に「高学歴」「高身長」「高収入」というものがありますが、これらはあればあるに越したことはないでしょう。

 

しかし、こういった種類のものは、突然身に付くようなものではありません。ですが、自分がこれらを持っておらず、その時点で落ち込んでしまうのが一番いけません。
自分を磨くことを、できる範囲から始めれば良いのです。

 

婚活をする人は、当然結婚後の生活のことも思い描くでしょうが、落ち込んだり、卑屈になっているような人といて楽しいわけがありません。

 

勉強でもダイエットでも何でも、スタートが人より遅くても、今何かに一生懸命取り組み、自分を磨くという事実が大事なのです。

 

そういった向上心は自分をいきいきとさせ、日々の生活に刺激をもたらし、一緒にいる人も明るい気持ちにさせます。また、こうした努力している姿が魅力的に映り、それが結果としてモテることへとつながり、婚活がうまくいくことだってあります。

 

他に、モテる特徴とは何か。

 

これは、自分がどういう人を魅力的に思うか、相手からどういうことをしてもらったら嬉しいか、といったことを考えてみると良いです。

 

例えば、優しい人、気が利く人、自分に厳しい人など。そして、そこから「優しい人とはどういう人のことだろう」と細分化して考えるのです。

 

相手の荷物をさり気なく持ったり、相手がお手洗いに行っている間に支払いを済ませておいたり、段差のある場所で危ないから気を付けるように一言声をかけるなど、色々あります。

 

「自分のことを気遣ってくれている」とわかった時は嬉しいものです。

 

ただし、あまり力んだり、アピールし過ぎな雰囲気やわざとらしさが出ると、堅苦しく、重くとられてしまうことがあります。

 

ですから、例えば御馳走した時は「この前のお礼です」と一言そえるだけで、気が楽になるものです。

 

これらの逆を考えるのも、モテる特徴の一つです。これは、相手からどういうことをされたら嫌な気持ちになるか、を考えるわけです。

 

婚活でデートをするようになり、食事の場所の話をした時に、面倒くさそうに「何でもいい」と答えたり、仕事の後に会った時に、愚痴やタメ息ばかりこぼされては、一緒にいる人も楽しい気持ちにはなりません。

 

辛い時に辛いと言える関係も大事ですが、まだ仲が浅い時に、やたらと頼ったり甘え過ぎるのは相手にとって負担になります。

 

「相手のことを考えて思いやりを持って接する」これが人として誠実な対応であり、自分を磨くことになり、婚活でも上手くいく近道なのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ