婚活 年収600万円

全体の3.5%!?年収600万円以上の男性と付き合うために!

婚活女性にとっては男性gは年収600万が一つの理想

婚活女性にとっては男性gは年収600万が一つの理想

 

理想の結婚相手は年収600万円以上の男性!これが婚活に積極的に参加する女性たちの本音でしょう。

 

日本がまだバブル経済の名残をとどめていた頃に、女性ファッション誌や結婚雑誌などメディアでは盛んに年収600万が一つの理想のように叫ばれていました。

 

こうした影響もあってか女性の中には漠然と相手に求める年収を決めている人がいます。

 

また一方で現実的に結婚後の生活費を試算して、住居費や教育費、また自分磨きのための美容など賄うためには最低でも年間600万円は必要と考えている女性もいます。

 

もちろん中には結婚後も自ら働くことを前提として、自分の収入と合わせて世帯収入で600万円を目指す人もいます。

 

しかし婚活に励む女性の中では相手の男性に600万円を求める人が圧倒的に多いのが現実でしょう。

 

 

未婚男性で年収600万円以上となると、なんと全体の3.5パーセント

 

ではこの600万円という年収がどれだけハードルが高いのか見てみましょう。まず統計数字で分析すると難易度の高さが分かります。

 

未婚男性で年収500万円以上は全体で7.7パーセントに過ぎません。これは10人に1人もいない割合です。

 

そして多くの女性が理想とする未婚男性で年収600万円以上となると、なんと全体の3.5パーセントにまで激減します。

 

これは30人に1人という計算です。確かに統計的に見ても難しい現状が分かりますね。

 

不況が続く日本で年収にして40万円、さらにボーナスもしっかり受け取っている男性は稀な存在と言えます。

 

仮に新卒で入社して給与が22万円スタートとしましょう。入社した会社の売上が好調で、毎年1万円昇給したとして40万円に到達するのには18年かかります。

 

しかしながら毎年昇給どころか、給与の目減りやボーナスカットが当たり前な時代ですから、40歳にして月収40万円を確保するのは極めて難しいでしょう。

 

男性に600万円という理想を求めるのは可能性ゼロの夢物語なのか?

 

では婚活で相手の男性に600万円という理想を求めるのは可能性ゼロの夢物語なのでしょうか。

 

40代の男性と年齢に幅を持たせれば可能性も見えてきます。これも統計で見ると分かりやすく、民間の男性平均給与は40歳前半で576.6万円、40歳後半になると632.5万円となっています。

 

また40代の男性も相手の結婚年齢の理想を30代としているケースが多くなっています。

 

20代で世代ギャップがあり、ものが分かっていない女性よりも、落ち着いた30代の女性を好む傾向にあるのも理解できますね。

 

つまり30代の女性からすれば40代の男性は一番カップルとして成立しやすい組み合わせということになります。

 

また世の中には30代でも給与40万に到達している男性もいます。それはずばりIT企業やWEB関連の仕事をしている男性です。

 

ITの技術関係の仕事だと若くして出世しているケースが多く、こうした男性は見た目も若々しくてスマートな方が多いです。

 

一般的な職種ではないために、インセンティブの割合も高く年齢には見合わないような高収入を得ている人もいるでしょう。

 

それで600万円の理想を求めるなら、自分磨きもしっかりと果たし、目標となる人たちと知り合えるような交流の機会を持つことがおすすめです。

 

⇒30代40代におすすめの婚活サイトランキングはコチラから


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ