婚活サイト 転勤族

転勤族の婚活について

転勤族の婚活について

結婚相談所やお見合いパーティーなどの婚活の席において、度々問題が発生するのは転勤族の人たちです。

 

なぜならば転勤族は数年単位で全国各地を引っ越さなければならず、多くの場合定年まで続きます。

 

そのため毎回の引越しが面倒であったり、新しい土地でいちから人間関係を築かなければならないという肉体的・精神的ストレスを非常に感じやすいため、婚活の場において転勤族の人たちは異性から人気が得られにくいという問題が発生します。

 

では転勤族は婚活しても相手が見つからないのか?といえばそうではありません。
問題は転勤族というデメリットを打ち消すメリットを相手に提案できるかどうかという点です。

 

例えば婚活している女性の何割かは、結婚した後に専業主婦として家庭で家事を行い夫を支えたい!と考える人が存在します。

 

専業主婦ならば転勤のたびに仕事を変わらなければならない!という問題が起こらないため、兼業主婦よりも比較的負担が少なくすむでしょう。

 

しかしその場合は自分の給料だけで奥さんと、子供が欲しい場合は子供の生活費をまかなう必要に迫られます。

 

婚活に参加している人の場合、大体年収500〜600万円ほどが理想の年収として考えられており、これを一人の給料でまかなおうと思うと結構大変です。

 

そのため転勤族の場合はある程度自分の年収に余裕があるかどうかも問題解決に向けて重要なポイントとなります。

 

もし自分の給料だけでやりくりするのが大変だという人の場合は、手に職を持っている女性と結婚すると良いでしょう。

 

例えば看護師などは引っ越し先での求人募集も比較的多く、どこの病院でも業務内容はある程度似ているため、比較的就職しやすく安定した収入を得ることが出来ます。

 

また自宅でイラストレーターやライターとして活躍している人と結婚すれば、パソコンとインターネット回線、ファックスなどの機材や環境が整っていればどこの県であろうと自宅で仕事をすることが可能なので、転勤で他の土地に移っても仕事を変わる心配が無くて比較的ストレスも軽減するでしょう。

 

このように、自分の置かれた状況を冷静に判断して問題を直視することで、婚活においてどのような異性会員にアプローチすればよいのかがはっきりと分かります。
以上の点を頭に入れて、転勤族だからと自分を卑下することなく堂々と自分の長所などをアピールすることさえ出来れば、問題なんてどこ吹く風で、理想とする結婚を手に入れることが出来るでしょう。

 

その他にも問題を抱えている人たちの婚活もある

 

婚活ではお互いが結婚に向けて真剣に交際相手を探していますが、もしも好みの異性が見つかったとしても、簡単に交際できるような場合ばかりではありません。

 

当然、何かしらの問題を抱えているような可能性もあるでしょう。
そのような時に、柔軟に対応できると、互いの信頼関係も構築されやすいです。

 

もちろん、そのような問題を抱えているような方を、最初から対象外にすることもできますが、自分の置かれている立場を理解すれば、そのような余裕もそこまでないということは、簡単に想定できるでしょう。

 

ですから、自分の理想にかなったような方がいた場合には、多少の問題があったとしても、真剣に交際を考えていく必要があります。

 

婚活に参加する型の多くは、何らかの事情があると考えて間違いありません。

 

事情といっても、そこまで深刻でないものから、かなり深刻なレベルであり、慎重な選択が必要になってくる場合もあります。

 

婚活では、いかに相手の悩みに対して真剣になったかということが、相手方の異性に大きく評価されることになります。
ですから、チャンスでもあります。

 

そのような問題があるような方との付き合い方としたら、まずは、その異性のどのような問題点があるのかということを、しっかりとチェックしておくということです。

 

もちろん、初対面ですから、そこまで深い話はできないでしょうが、それでも相手のことを注意深く観察していくことで、自ずと気を付けるべきポイントが見えてくるはずです。

 

また、少し仲良くなれたら、付き合い方としたら連絡先を交換するというのも手でしょう。
もちろん、婚活に参加するような方は、目的がはっきりとしているので、連絡先を多少強引に聞いたとしても、問題ありません。

 

連絡先を交換できたら、その異性との次の約束を取り決めます。
婚活は出会いの場を提供してくれるのは事実ですが、そのあとは自分の力で何とかする必要があります。

 

ですから、約束を必ず決めましょう。この時に、約束を渋るようであればすぐに捨てても構いません。

 

そこまでして追いかけるような人材ではないはずですから。

 

付き合い方としては、そのような冷淡さも当然必要です。
問題のあるような人間のことを、そこまで深く追いかける必要なんてないのです。

 

そして、約束を無事に取り決めることができたら、そのあとはかなり深い問題に切り込んでいってもかまいません。

 

将来のパートナーとしては、絶対に知っておきたいことですから、そこから解決策を見出していきます。
問題点をあまり語ろうとしなければ、これまた捨てて構いません。


ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME 外見重視のアナタ 婚活より恋活のアナタ 仕事が忙しいアナタ